SNS依存や脱却について

依存対策とは

SNSの悪い影響とは

SNSは情報を発信したり、知る事や情報収集などでも便利性を感じるものではあります。
しかし、悪い影響があるのも確かです。
様々な人が、世界中の人が利用しているSNSは、人とのコミュニケーションの取り方次第では、楽しい物からいじめの原因にもなったりします。
ストーカー被害にあってしまう可能性もあり、危険性も理解しなければ、大きなトラブルになってしまったり、巻き込まれるケースも多いと言います。
また、気軽に色んな人と繋がる事ができる事がメリットとしてあげられているSNSですが、逆にそれが精神的ストレスを感じてしまい、SNS疲れを引き起こしてしまうケースもあります。SNS疲れのほとんどは、自分の発言によるみんなの反応が過剰に気になってしまう、暴言や攻撃的な発言に傷つくなどがあります。

SNSの良い影響とは

SNSの利用者のほとんどが、SNSの利用目的が趣味や趣向に関する情報収集が多くいます。
検索するのに便利な事もあってか、インターネット社会の現代では、情報収集がネットによるものです。
SNSの良い影響力で多いのが、全世界で利用者が多い事から、色んな人と繋がる事ができる、知り合う機会が増える事です。
また、同級生や、昔の友人を探せる事でも活用されているSNSは、同窓会を開くきっかけにもなります。
このような事から、SNSの良い影響力は、人人との繋がりに感じます。
個人的以外にも、ボランティアなどの団体や企業などでもSNSが及ぼす影響力は大きい気がします。
また、無名の人や一般の人でも、配信された動画で有名になれるチャンスが誰でもある事です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ