SNS依存や脱却について

SNS依存から脱却する方法

精神的影響とは

SNS依存やネット中毒が及ぼす精神的影響とは何か。
まずは、SNS依存では、SNSの確認をしていないと不安に陥ってしまったり、ストレスに感じてしまうようになってしまいます。
また、コメント欄のコメントや「いいね」数の数が気になってしまって、神経質になりがちです。
SNSの確認を常にしなければ、ストレスを感じ、確認ができても「いいね」の数やコメントを見てはまたストレスを感じてしまうため、重度なストレスで精神的な病に陥ってしまうケースもあります。
それらは、自分の感情をコントロールする事ができなくなってしまったり、表現ができないなどで人間不信にも繋がります。
心の病になってしまうと、外に出る事もできなくなったり、人とのコミュニケーションも難しくなります。

体力への影響

SNS依存やネット中毒で及ぼす体力低下とは何か。
悪い影響で多くあげられているのが、体力低下によるものです。
まずは、睡眠不足や視力低下です。長時間のスマホやパソコンの使用による影響が大きいとされています。
睡眠不足は、寝る前に少しだけと思いSNSやネットゲームしていると、いつの間にか夜中や朝方、または登校や出勤時間になってしまっているケースが多いでしょう。
睡眠不足の状態で学校や仕事に行っても、集中力も低下してしまい、勉強や仕事がはかどりません。また、昼夜が逆転してしまうと、睡眠障害にも繋がります。
睡眠不足以外にも体力低下の影響はあります。
それは、手以外動かす事がないため、運動不足になり、筋肉や骨が衰えたりしてしまう可能性もあります。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ